近世日本石灰史料研究]U

川勝かわかつ 守生もりお
(元 東京大学大学院博士課程在籍/1972-2006)
川勝 守 解題


2019年5月刊
A5判・232頁・上製本・函入
ISBN978-4-86602-071-6 C3321
5400円 (税別)
\以降は、近世関東石灰のうち野州石灰に関する史料である。前冊]Tは安蘇郡戸奈良村(現栃木県佐野市)の石井孝家蔵の文書を中心に収録したが、本巻はそれに続くもの。収録年代は天保9年〜安政3年(1838-1855)で、特に『静倹廬 勝手』は、書簡などをまとめた冊子ある。史料翻刻・読み下し、語句解釈、史料研究を加え、巻末に解題と索引を付す。
【既刊】

近世日本石灰史料研究T 2008年7月刊・576頁・9500円(税別)
八王子石灰旧竈主の木崎義平家(現東京都八王子市)所蔵文書28冊(享保12〜慶応4年)。
近世日本石灰史料研究U 2009年5月刊・526頁・8900円(税別)
Tに続き、木崎義平家文書の内、単独文書127部を収録。収録年次は前書とほぼ同年代。
近世日本石灰史料研究V 2010年5月刊・462頁・8400円(税別)
木崎秀尚家(現埼玉県飯能市)に伝わる「常右衛門様用書」を翻刻。
近世日本石灰史料研究W 2011年11月刊・348頁・7900円(税別)
T・Uに続き、木崎義平家文書のうち、近世・近代諸種文書(元禄2〜明治4年)90点を収録。
近世日本石灰史料研究X 2012年5月刊・380頁・7900円(税別)
木崎敏男家(東京都青梅市)の「石灰旧記」1(慶長〜寛政)を収める。
近世日本石灰史料研究Y 2013年5月刊・360頁・7900円(税別)
Xに続き、木崎敏男家の「石灰旧記」2(文化・文政まで)を収める。
近世日本石灰史料研究Z 2014年5月刊・582頁・9900円(税別)
木崎紘一家所蔵文書29冊のうち前半14冊、文化14年までを収録。
近世日本石灰史料研究[ 2015年5月刊・580頁・9900円(税別)
Zに続き、木崎紘一家所蔵文書29冊のうち後半15冊、幕末までを収録。
近世日本石灰史料研究\ 2016年5月刊・348頁・7900円(税別)
既刊[までとは異なり、野州石灰竃主の「片柳小次郎日記」(寛政8〜文化9年)を収録。
近世日本石灰史料研究] 2017年5月刊・308頁・7200円(税別)
\に続き、野州石灰竃主の石井家蔵『文化問屋記録』1冊を収録する。
近世日本石灰史料研究]T 2018年5月刊・420頁・上製本・函入・8200円(税別)
]の竈主とは別の竈主の「石灰焼立願帳」などを収め、幕末期(天保〜嘉永)の状況を示す。

ご注文へTOPEへ