近世日本石灰史料研究\

川勝 守生 著
(元 東京大学大学院博士課程在籍/1972-2006)
川勝 守 解題


2016年5月刊
 A5判・348頁・上製本・函入
ISBN978-4-86602-963-4 C3321
7900円 (税別)
関東における石灰産地のうち、既刊8冊が八王子石灰に関する史料であったのに対して、本巻は、栃木県安蘇郡から都賀郡にかけての山間で生産される野州石灰に関する史料を収める。
収録する史料は、安蘇郡出流原村(佐野市)の竃主・石井善夫家所蔵の「片柳小次郎日記」(寛政8年〜文化9年)で、石灰生産や竃主仲間の取り決め、農耕に関すること、江戸からの風聞などである。
史料翻刻・読み下し、語句解釈、史料研究を加え、巻末に解題と索引を付す。
【既刊】

近世日本石灰史料研究T 2008年7月刊・576頁・9500円(税別)
八王子石灰旧竈主の木崎義平家(現東京都八王子市)所蔵文書28冊(享保12〜慶応4年)。
近世日本石灰史料研究U 2009年5月刊・526頁・8900円(税別)
Tに続き、木崎義平家文書の内、単独文書127部を収録。収録年次は前書とほぼ同年代。
近世日本石灰史料研究V 2010年5月刊・462頁・8400円(税別)
木崎秀尚家(現埼玉県飯能市)に伝わる「常右衛門様用書」を翻刻。
近世日本石灰史料研究W 2011年11月刊・348頁・7900円(税別)
T・Uに続き、木崎義平家文書のうち、近世・近代諸種文書(元禄2〜明治4年)90点を収録。
近世日本石灰史料研究X 2012年5月刊・380頁・7900円(税別)
木崎敏男家(東京都青梅市)の「石灰旧記」1(慶長〜寛政)を収める。
近世日本石灰史料研究Y 2013年5月刊・360頁・7900円(税別)
Xに続き、木崎敏男家の「石灰旧記」2(文化・文政まで)を収める。
近世日本石灰史料研究Z 2014年5月刊・582頁・9900円(税別)
木崎紘一家所蔵文書29冊のうち前半14冊、文化14年までを収録。
近世日本石灰史料研究[この巻だけリンク貼ってください。 2015年5月刊・580頁・9900円(税別)
Zに続き、木崎紘一家所蔵文書29冊のうち後半15冊、幕末までを収録。

ご注文へTOPEへ