田中久夫 歴史民俗学論集(全5巻)
第5巻 陰陽師と俗信(最終回配本)

御影史学研究会(代表理事:酒向伸行)編

2014年10月刊
A5判・446頁・上製本・函入
ISBN978-4-87294-879-0 C3339
13800円 (税別)
 田中久夫氏(御影史学研究会名誉代表理事・神戸女子大学名誉教授/1934年生)の業績を全5巻に編集。各巻に解説を付す。本巻には、新稿(*)を含む以下の13論文を収録。
【主要目次】
第一章 陰陽師と天体観測
 第一節 備前・備中の陰陽師の占める位置
 ―奈良・平安朝初期を中心に―
 第二節 播磨と陰陽師
 第三節 平安時代の天体観測に関する覚書
 第四節 安倍泰親・泰茂父子と安倍時晴の天体観測のこと
 ―『玉葉』の中から―
 第五節 慶滋保胤と佐保の神と住吉の神
 ―杣山の建築用材輸送をめぐる問題―
第二章 藤原氏と俗信
 第一節 藤原氏の神と鹿
 第二節 柿の俗信覚書 ―幸不幸の両面を持つ柿―
 第三節 柿の民俗と藤原氏 ―興福寺の柿から庭の梢の柿へ― *
 第四節 栗節供と関白大饗の甘栗使 *
第三章 神の乗り物
 第一節 牛の民俗
 第二節 牛に乗るということ
 第三節 雷の通る道
 第四節 鯉に乗る神覚書
解説:籔 元 晶
【田中久夫 歴史民俗学論集 既刊】
@皇后・女帝と神仏  8900円(税別)
A海の豪族と湊と   9500円(税別)
B山の信仰       9500円(税別)
C生死の民俗と怨霊 11800円(税別)
全5巻: 揃53,500円(税別)

ご注文へTOPEへ