関東足利氏と東国社会
中世東国論D

佐藤 博信 編
(千葉大学教授/1946年生まれ)


2012年3月刊
A5判・362頁・上製本・カバー装
ISBN978-4-87294-740-3 C3321
7900円 (税別)
中世東国の政治構造』『中世東国の社会構造』(中世東国論1・2、小社刊、2007年)に続き、今回は編者の千葉大学退職を機に、中世房総史・中世東国史を広い視野から考察し、考古学や歴史地理学などの隣接接学の成果も取り入れ、全2冊の論集として刊行する。
本巻には下巻として、関東足利氏や鎌倉府に関する論考14編を収録。
【主要目次】
 第T部 鎌倉府の政治機構
中先代の乱と鎌倉将軍府 阪田 雄一
鎌倉府奉行人の基礎的研究 植田 真平
鎌倉府及び関東管領家奉行人奉書に関する一考察 松本 一夫
室町幕府・関東足利氏における町野氏 木下  聡
南北朝・室町期における東国武士受給感状の特質 石橋 一展
白旗一揆と鎌倉府体制
 −十五世紀前半を中心として−
呉座 勇一
足利氏御一家考 谷口 雄太
 第U部 戦国期の関東足利氏
「戦国」期上剋下論
 −対面時武器携行状況と中世人の心性の視点から−
久保 賢司
享徳の乱前後における貴種足利氏の分立 戸谷 穂高
戦国期関東における府中の一様態
 −古河公方の動向から−
長塚  孝
関東享禄の内乱 黒田 基樹
廃棄された威信財−葛西城本丸出土遺物から− 谷口  榮
足利藤政再考 田中 宏志
古河公方の自筆文書に関する基礎的考察
 −古河公方研究の深化のために−
佐藤 博信
【同時刊行】中世房総と東国社会(中世東国論C)2012年3月刊・7900円(税別)

ご注文へTOPEへ