エミシ・エゾ・アイヌ
 アイヌ文化の成立と変容
   ―交易・交流を中心として―【上】


榎森 進・小口雅史・澤登寛聡 編


2008年11月刊
A5判・464頁(カラー16頁)・上製本・カバー装
ISBN978-4-87294-531-7 C3021
9500円 (税別)
法政大学プロジェクトの成果。上巻には、古代・中世編として、アイヌ文化の成立に関する問題を、擦文文化・オホーツク文化・アイヌ文化の3部18論文で構成。下巻は近世編。
【主要目次】 
課題と梗概 榎森 進
 
第1部 エミシ・エゾ・擦文文化をめぐって  
考古学からみたアイヌ民族史 天野 哲也
東北北部におけるエミシからエゾへの考古学的検討
―天野論文コメント―
伊藤 博幸
文献史料からみた「エゾ」の成立
―天野論文コメント―
小口 雅史
渡嶋蝦夷と津軽蝦夷 八木 光則
擦文文化の終末年代をどう考えるか 小野 裕子
蝦夷と俘囚 永田 一
 
第2部 オホーツク文化の世界
オホーツク文化の形成と展開に関わる集団の文化的系統について 天野哲也・小野裕子
北海道東部における「中世アイヌ」社会形成前夜の動向
―列島史のなかのトビニタイ文化の一
大西 秀之
11〜12世紀の擦文人は何をめざしたか
―擦文文化の分布域拡大の要因―
澤井 玄
アイヌ文化の前史としてのオホーツク文化
―松法川北岸遺跡を事例として―
涌坂 周一
EPMA分析画像の解析によるオホーツク海沿岸出土の土器研究
―土器に含まれる砂粒の成分分析と産地同定―
竹内 孝・中村 和之
千島列島への移住と適応
―島嶼生物地理学という視点―
手塚 薫
 
第3部 アイヌ文化の成立―北海道の中世―
「日の本」世界の誕生と「日の本将軍」 小口 雅史
和人地・上之国館跡 勝山館跡出土品に見るアイヌ文化 松崎 水穂
北海道南部における中世墓 越田賢一郎
北海道における中世陶磁器の出土状況とその変遷 石井 淳平
札幌市K39遺跡大木地点の中世遺跡をめぐって松前家の家宝「銅雀台瓦硯」について 上野 秀一・久保 泰

ご注文へTOPEへ