中世東国の政治と経済
中世東国論6

佐藤 博信 編
(千葉大学名誉教授/1946年生まれ)


2016年12月刊
A5判・350頁・上製本・カバー装
ISBN978-4-86602-980-1 C3321
7400円 (税別)
編者の千葉大学退職を機に刊行した『中世房総と東国社会』『関東足利氏と東国社会』(2012年)に続き、本書は、編者の古稀を機に、千葉歴史学会中世部会のメンバーを中心に編集。全2冊からなり、本巻には論考13編、下巻:中世東国論7「社会と文化」には13編を収録。
【主要目次】 
陸奥・鎌倉両将軍府の成立
 −護良親王・足利尊氏の東国構想−
阪田 雄一
南北朝期二階堂氏の系譜と動向 木下  聡
南北朝・室町期東国における戦功認定と大将
 −軍忠状・着到状の分析から−
石橋 一展
鎌倉府奉公衆簗田氏の系譜
 −斯波氏とのかかわりから−
長塚  孝
古河公方御連枝足利基頼の動向 中根 正人
上杉謙信による下野佐野支配の特質 松本 一夫
越相同盟崩壊後の房総里見氏
 −対甲斐武田氏「外交」の検討を通じて−
細田 大樹
天正十三・十四年の下野国の政治情勢
 −関連史料の再検討を通じて−
竹井 英文
上総井田氏支配領域の構造に関する一考察
 −柴崎領・新村領を中心に−
遠山 成一
十六世紀末期関東の貨幣と知行
 −「永楽銭」の再検討のために−
川戸 貴史
真田信之発給文書における署名と花押
 −元和元年まで−
黒田 基樹
堀親良文書の基礎的研究 田嶋 悠佑
戦国期都市鎌倉に関する一考察
 −特に材木座蔵並氏の検討を通じて−
佐藤 博信

ご注文へTOPEへ