悪党と内乱 悪党論集A

悪党研究会 編(代表:佐藤和彦)

2005年5月刊 
ISBN4-87294-382-1
A5判・380頁・上製本・函入

7900円
 前書『悪党の中世』(1998年、岩田書院)刊行の成果をふまえ、鎌倉期から南北朝期という時代に変質していったものは何なのか、という問題意識を共有しつつ、多様な視座から内乱の時代の社会変動を描き出す。

【上巻:主要目次】
  
T 悪党と荘園制社会

内乱期社会と悪党問題―東大寺領大部荘・東寺領矢野荘を事例に─
山間の「海賊」―鎌倉末期の悪党問題と請負代官―
「得宗被官」安東蓮聖 再考  
尾張国長岡荘と堀尾荘の堺相論  
播磨国田原荘における悪党事件発生の背景  
佐藤 和彦
楠木  武
太田 順三
藤井  崇
櫻井  彦

U 内乱と社会変容
中世における「悪」―“新仏教”の成立の基層をたどる視点から―  
大宰府安楽寺における留守大鳥居家の成立と今川了俊          備中南部における地域社会と氏寺
       ―庄氏・伊勢氏の曹洞宗氏寺を事例として―
南北朝期武家の兄弟たち―「家督制」成立過程に関する一考察―
貞和二年室町幕府平和令をめぐって                      
小野澤 眞
徳永健太郎

徳永 裕之

田中 大喜
小林 一岳

V 史料と解釈
「二条河原落書」について  
悪党史料にみられる「百姓」について―百姓の立場からみた悪党行動―  
叙述としての悪党―近年の中世史研究における悪党の位置づけ―   
「悪党」史料一覧                                   

原  美鈴

大竹 雅美

渡邊 浩史
大竹 雅美

ご注文へ