木曽のおんたけさん
  その歴史と信仰



菅原壽清・時枝 務・中山 郁 編

2009年7月刊
ISBN978-4-87294-569-0 C0014
B6判・258頁・カラー口絵8頁・並製本・カバー装

1800円
 2009年11月*2刷出来
現在に生きている信仰の山「御嶽山(おんたけさん)」。
その歴史と信仰の実態を判りやすく書いた、初めての入門書。
執筆は、編者のほかに小林奈央子・関敦啓氏で、御嶽信仰研究の第一線の研究者に依頼。
信仰のポイントをはじめ、御嶽山の自然など、写真を多数収録し、
コラムや、登山のためのコースガイドと登山地図も付した「おんたけさんガイドブック」。
【主要目次】
  
第1章 御嶽信仰の成り立ち
 日本の山岳宗教と御嶽信仰/
 覚明さまとお弟子さんたちの活躍/
 普ェさまとお弟子さんたちの活躍/
 明治以降の御嶽信仰
第2章 御嶽信仰の世界
 御嶽神社/
 御嶽信仰の世界/
 山に鎮まる神々
第3章 御嶽信仰の広がり
 東海地域の講社と霊神さん/
 関東の講社と霊神さん/
 広がる御嶽信仰
第4章 御嶽信仰の今
 信仰を支える御座/
 霊神信仰の意味
第5章 御嶽山に登ろう
 登山の心得/
 コースガイド(6コース)
コラム
 御嶽山に登った外国人/
 御嶽講の夏山登拝に参加してみよう!/
 御嶽講の入り方/
 御嶽行者/
 御嶽信仰と百草
参考図書/木曽御嶽登山関係機関 【付録】御嶽山登山地図
ご注文へ TOPEへ