日本宗教民俗学叢書F
毘沙門天 −日本的展開の諸相−

橋本 章彦 著
(京都精華大学講師/1955年生まれ)

2008年9月刊
A5判・274頁・上製本・函入
ISBN978-4-87294-522-5 C3309
6400円 (税別) 
 「仏教の思想と民衆の世界観がどのように出会い、新しく秩序立てられていくか、その具体的様相を思想論的に描き出すこと、これが本書全体を貫く興味の中心である。
 材料とするのは毘沙門天で、その説話を主として考察の対象とする。時代としては、おおむね古代から中世の末頃までを念頭においている。その理由は、この期間に毘沙門天が、仏法守護神から福の神へとその信仰の中心を大きくずらしていくことと関連する。そのダイナミズムは、庶民信仰の成立そのものであり、本書の目的を達成することに格好の材料を提供すると思うからである。」(本書「序論」より)
【主要目次】 

序 論 研究史と本書の位置

第1章 大陸及び我が国への導入期における毘沙門天信仰
 第1節 中国における毘沙門天信仰−『大正新修大蔵経』史伝部にみる毘沙門天信仰−
 第2節 我が国における毘沙門天信仰の初期的様態

第2章 仏教説話の毘沙門天−仏法守護神から福神へ−
 第1節 『法華経』と毘沙門天−『今昔物語集』を中心に−
 第2節 説話のなかの観音・毘沙門同体論
 第3節 念仏説話の毘沙門天
 第4節 融通念仏信仰の展開と毘沙門天

第3章 山岳宗教の毘沙門天−摂津神峰山寺−
 第1節 神峰山寺とその縁起
 第2節 神峰山信仰と毘沙門天
 第3節 地獄遍歴説話と毘沙門天
 第4節 民俗神と毘沙門天−儀礼起源伝承を読む−
 附 論 曼殊院蔵『毘沙門天塔婆勧進帳』と神峰山寺

結語にかえて−仏教の世俗化と庶民信仰−



ご注文へ