日本宗教史研究の軌跡と展望

日本宗教史懇話会 編


2014年8月刊
A5判・196頁・並製本
ISBN978-4-87294-876-9 C3014
2400円 (税別)
「(前略)本書で採り上げるサマーセミナー形式でおこなわれる研究会では、多数の研究者が集い活発に議論し、新たな研究成果を生み出してきた。伝統ある学会では、報告・質疑の時間も限られ、ややもすれば学会自体が形式化する学問分野もあるが、私たち日本宗教史を専門とする研究者は、こうした状況を絶えず乗り越えようと努力してきた。
 また、世代や所属を超えた研究者の集まりは、色々な立場にある研究者の連携の幅を広げるとともに、権威にとらわれず、自由な発想で研究に取り組むことが目指されてきた。こうした営為のもと、ここ半世紀の間、日本宗教史の研究者は、研究テーマを深め、多様な視角からの研究を世に発信してきた。宗教史研究は、歴史学において各時代の重要な分野として位置付けられ、仏教学・民俗学・文学・美術史・建築史など隣接学問とも連携して、多彩な成果を出すことに務めてきている。また、何よりもサマーセミナーが、次々と現れる若手研究者の育成の場としても大いに機能してきたといえる。(中略)
 本書では、単なる会の記録と回顧談にとどまらず、関係した主要な参加者に、そこで議論された内容、今後の研究課題など未来を指向した一文を御執筆いただいた。これをもって日本宗教史研究の軌跡と展望を考える機縁としたい。」
日本宗教史懇話会サマーセミナーの記録編集委員(原田正俊・宮ア健司・岡野浩二・佐藤文子)
その質疑の濃密さと夜を徹しての議論で報告者を恐れさせた?セミナーの実態が明らかに。
【主要目次】

「日本宗教史研究会」サマーセミナー 1965年〜
  薗田香融・大隅和雄・圭室文雄・大濱徹也・中尾堯・児玉識・
  橋本政良・菅原征子

「研究会・日本の女性と仏教」サマーセミナー 1984年〜
  西口順子・義江明子・勝浦令子・浅野美和子・牛山佳幸・吉田一彦・
  本郷真紹・遠藤一・三橋正・岡野浩二・直海玄哲・大江篤

「日本宗教史懇話会」サマーセミナー 1992年〜
  大桑斉・早島有毅・林淳・白山芳太郎・平雅行・山田哲也・
  知名定寛・新川登亀男・稲葉伸道・大石雅章・曾根正人・永村眞・
  原田正俊・宮ア健司・脊古真哉・長谷川賢二・曽根原理・佐藤文子・
  福島栄寿・上島亨・苅米一志・菊地大樹・冨島義幸・井上智勝・
  北條勝貴・安藤弥・大田壮一郎・関山麻衣子・藤本誠

日本宗教史関係サマーセミナーの記録

ご注文へTOPEへ