いま求められる図書館員
−京都大学教育学部図書室の35年−
 岩田書院ブックレット・アーカイブズ系A17

福井京子著
(元 京大教育学部図書室勤務/1949年生まれ)


2012年4月刊
A5判・120頁・並製本
ISBN978-4-87294-742-7 C1321
1600円 (税別)

ライブラリアンと呼ばれる職業が絶滅しつつあるのか。
図書館は本の置き場で、図書館員はその倉庫の番人になるしかないのか。
京大教育学部図書室での実践から、図書館員コンシェルジュ(総合的な世話係)論を述べる。
【主要目次】
 T コンシェルジュとしての図書館員
1 資料収集
 (大量の申し込み/文部科学省/書店資料/古本買戻し)
2 調べ方
 (著作権/学会運営/該当箇所がない?/元の記事はどこに?/お箸の話)
3 借りる
 (人環図書館/附属図書館から/単行本/雑誌)
4 教育
 (専修コース/臨床実践指導者養成コース/職場インタビュー)
5 カウンセリング
 (本当に図書館員になりたいの?/訪れる場所/留学生の悩み/行き場所のなかった利用者)
6 メンター
 (図書館員になりたい/なぜ、図書館員に向いていると言わなかったのか)
7 サプリメント
 (卒業論文/博士論文製本/学校見学)
 U 私の利用教育
1 図書館利用教育とは
2 利用教育の実際
 (図書室利用案内−新入生用/2回生用/3・4回生用/大学院生用)
 V 蔵書構築
1 一般書編
 (単行書/復刻版/グレイ・リテラチャー/寄贈)
2 文庫編
 (教育課程文庫/小西文庫/高橋文庫/池田文庫/高瀬文庫/小林文庫/フランス教育史コレクション/篠原文庫/梅本文庫/山中文庫)
 特別寄稿
達人司書(竹内洋)
「専門的な世話焼き」という理想像(山本貴之)
住民の生活と共にある図書館(齋藤尚志)
幸せな遭遇(つげ ゆう)
福井さん。お世話になりました(本山幸彦)
コンシェルジュとしての図書館員(山崎高哉)
ご注文へTOPEへ