韓国の社会と文化


片 茂 永 編
(愛知大学教授)

2010年8月刊 
ISBN978-4-87294-632-1 C0022
A5判・298頁・並製本・カバー装

2800円(税別)
 本書は、日本の大学のテキストとして執筆されたものである。
  執筆者の多くは韓国人で、日本の大学で教鞭をとっており、自国のことを、日本 人学生にいかに教えるかということを、常に心掛けている。
 したがって本書は、韓国の歴史・民俗・文化・政治などから、現代のポップカル チャーまで、幅広く、しかも判りやすく記述してあり、最適の「韓国入門書」に なっている。
【主要目次】
私たちが韓国を学ぶ理由―まえがきにかえて 片 茂 永
第1章 韓国概観 林 淑 姫
第2章 韓国社会の変化
 都市化・グロバール化・情報社会化
浮葉正親
第3章 韓国ポップカルチャーT
 深化する韓国映画―<韓流>の神髄とそ
 の胎動力
姜 信 和
第4章 韓国ポップカルチャーU
 融合文化の可能性―K-POPからコリアン
 ビートまで
姜 信 和
第5章 韓国の教育事情 金 昭 ^
第6章 韓国語と日本語から見た韓国人と日本人 朴 蓮 淑
第7章 韓国の人生儀礼 金 花 子
第8章 韓国の年中行事 林 淑 姫
第9章 韓国の食文化 金 元 栄
第10章 韓国世界遺産の観光商品化 金 容 載
第11章 韓国の神話・伝説と昔話 李 俊 鎬
第12章 韓国の宗教と巫俗 陳 大 哲
第13章 北朝鮮の教育と文芸 尹 載 善
第14章 韓国歴史のあらすじ 尹 光 鳳

ご注文へTOPEへ