原文対照・現代語訳 一遍上人語録


高野 修 編著
(時宗宗学林講師/1935年生まれ)

2009年12月刊
A5判・288頁+カラー口絵4頁・並製本・カバー装
ISBN978-4-87294-581-2 C0014
2800円
『一遍上人語録』(文化8年版)の原文を翻刻し、逐次、「語注」と「現代語訳」をほどこし、さらに解説「一遍のこころ」を付して理解を助ける。また、原文には、できるだけ振り仮名を付して読みやすくした。
『一遍上人語録』は、『一遍聖絵』『一遍上人絵詞伝』『播州法語集』などから 編纂されたもので、一遍の思想を知るうえで重要な文献である。
構成は、一遍の教学体系を示す「別願和讃」を巻頭に配し、次に、一遍の行状信念を示す「百利口語」をおき、合わせて総論的な役割をもたせた。次の「誓願偈文」以下は、要論ともいえるものである。そして下巻の「門人伝説」は、主として『播州法語集』から一遍の法語を集めたものである。
【主要目次】

『一遍上人語録』の書誌

■『一遍上人語録』上巻
第一章 別願和讃
第二章 百利口語
第三章 誓願偈文
第四章 時衆制誡
第五章 道具秘釈
第六章 消息法語
第七章 偈頌和歌

■『一遍上人語録』下巻
第八章 門人伝説
  百十一項目にわたり、門人たちが伝え聞いた一遍上人の言葉を解説する。

附録・跋文 

ご注文へTOPEへ