中世曹洞宗における地蔵信仰の受容

清水 邦彦 著
(金沢大学准教授)


2016年9月刊
A5判・362頁・上製本・函入り
ISBN978-4-86602-972-6 C3021
7400円 (税別)
周知の通り、日本曹洞宗を開いた道元は「只管打坐」を唱え、修行による現世利益獲得を否定していた。にもかかわらず、現在、曹洞宗寺院の本尊として時に地蔵が祀られる。代表例としては、東京巣鴨のとげぬき地蔵(高台寺)があげられ、地蔵の縁日には、関東中から多くの参詣者がくる。
こうした信仰は、はたして道元の思想から導き出せるものなのだろうか。
本書では、草創期・確立期・展開期・定着期の4期に分けて、中世曹洞宗が道元思想を継承しつつ、地蔵信仰を受容していったの様相を、史料に基づき確認していくもので、決して「宗祖から堕落していった」という史観ではない。
【主要目次】

■研究編 (p9-217)
序 章

第1部 草創期
第1章 道元の直弟子−懐弉(1198-1280)を中心に−
第2章 徹通義介(1219-1309)
第3章 大乗寺蔵「五山十刹図」考

第2部 確立期
第1章 瑩山紹瑾(1268-1325)
第2章 明峯素哲(1277-1350)とその弟子
第3章 峨山韶碩(1275-1366)
第4章 恭翁運良(1267-1341)と地蔵信仰

第3部 展開期
第1章 太源宗真(1314-1371)
第2章 無底良韶(1313-1361)
第3章 月泉良印(1319-1400)
第4章 実峰良秀(1318?-1405)
第5章 通幻寂霊(1322-1391)
第6章 源翁心昭(1329-1400)
第7章 大徹宗令(1333-1408)
第8章 その他の峨山の弟子

第4部 定着期
第1章 峨山の孫弟子たち
第2章 竺山得仙(1344-1413)
第3章 瑞巌韶麟(1343-1424?)
第4章 普済善教(1347-1424?)による地蔵点眼
第5章 亡者授戒切紙

終 章
参考文献

■史料編 (p219-357)

ご注文へTOPEへ