農山漁村の生業環境と祭祀習俗・他界観
紀州日高地方の民俗世界

裏 直記 著
(帝塚山大学非常勤講師/1982年生まれ)


2016年7月刊
A5判・492頁・上製本・カバー装
ISBN978-4-86602-967-2 C3039
12800円 (税別)
南紀における民俗学的研究は、北の高野山麓、南の熊野地方に限定された空白地帯である。ことに日高郡と呼ばれる西牟婁・東牟婁両郡の北部に位置している広大な郡域は、西は太平洋に面し、東は紀伊山地に連なる紀伊半島中心部までに及んでいて、農山漁村をすべて包括しており、調査研究材料の場としては申し分のない地域である。
本書は、地元出身の著者により、農山漁村における生業文化および村落構成、共同体としての結束と信仰形態を歴史民俗学的に把握し、その体系を多角的に考察した成果。
【主要目次】

序 論 生業環境と祭祀習俗研究の視角

第一篇 農山漁村の民俗文化
第一章 農村社会の構造と生活環境
    (村落社会と家の構造/稲作技術と農耕儀礼/農村の歳時習俗)
第二章 山村社会の構造と生活環境
    (村落構造と民家構造/農耕と山林労務における技術と伝承/
     山村の歳時習俗)
第三章 漁村社会の構造と生活環境
    (村落組織と民家構造/漁撈伝承と漁民信仰/漁村の歳時習俗)

第二篇 氏神信仰と祭祀習俗
第一章 氏神・聖地伝承と祭祀
    (氏神の成立伝承/山間郷村における氏神祭祀と役屋敷)
第二章 沿岸部における氏神祭祀と特権的祭祀の展開
第三章 祭礼行事と神事芸能

第三篇 葬送儀礼と他界観
第一章 日高地方における葬送と墓制
第二章 盆行事と他界観
結 語 生業文化に見る祭祀習俗

ご注文へTOPEへ