幕末大名夫人の知的好奇心
日向国延岡藩内藤充真院

神崎 直美 著
(城西大学准教授/1963年生まれ)


2016年2月刊
A5判・214頁・並製本・カバー装
ISBN978-4-86602-953-5 C3021
2700円 (税別)
日向国延岡藩主内藤政順の奥方充姫(充真院[じゅうしんいん]。寛政12年[1800]−明治13年[1880])に関する初めての人物伝。なお充姫は彦根藩主井伊直中の娘で、大老井伊直弼は異母弟にあたる。
本書では、充真院の著書のなかから 主として『色々見聞したる事を笑ひに書』『五十三次ねむりの合の手』を選び、その知的好奇心と人物像を明らかにした。
前者は、幕末から明治初期の江戸(東京)と延岡で見聞した日常雑記で、後者は、文久3年(1863)、充真院64歳、生まれ育った江戸を離れ、初めて領国に転居することになった時の旅日記である。両書とも、すぐれた文章力と巧みな挿絵とで、当時の生活を活写し、充真院の人物像もよくあらわれている。
【主要目次】

第1章 人生の概要
      井伊家での日々と婚家・内藤家/縁組の経緯/
      内藤家の奥方/老年期の日々

第2章 充真院の蔵書
      奥方の蔵書/和歌/源氏物語/紀行文/
      外事への関心/井伊家に関する蔵書/装丁と蔵書印

第3章 生き物飼育
      「色々見聞したる事を笑ひに書」の概要/
      鳥の飼育法/昆虫の飼育法/その他の飼育法

第4章 まじない・薬・怪異・生活の知恵
      まじないによる治療法/薬用による治療法/
      まじないと迷信/怪異/その他の生活の知恵

第5章 紀行文と大旅行
      「五十三次ねむりの合の手」の概要/
      旅の概要/注目される立場/充真院の体調

第6章 対人関係・食・名物
      随行者との対人関係/庶民との出会い/
      食の楽しみ/名物への関心

第7章 風景・文学・信仰心
      風景への感動/文学に親しむ/敬虔な信仰心

まとめ 充真院の関心と人物像

ご注文へTOPEへ