真田幸綱・昌幸・信幸・信繁
−戦国を生き抜いた真田氏三代の歴史−

柴辻俊六著
(前 日本大学大学院非常勤講師/1941年生まれ)


2015年10月刊
A5判・218頁・並製本・カバー装
ISBN978-4-86602-932-0 C3021
2800円 (税別)
本書は、戦国期真田家中興の祖・幸綱(幸隆)と、その子・昌幸と、その子・信幸(信之)と信繁の、3代4名の事績を、最新の史料と研究成果をもとに明らかにしたもので、時代的には、天文10年代から慶長20年の大坂の陣まで(1541-1615)の70年間を検討する。
昌幸に関しては、著者の前著『真田昌幸』(人物叢書 吉川弘文館 1996)を大幅に書き換え。
【主要目次】

一 真田幸綱
 1 戦国期の信濃
 2 真田氏と海野一族
 3 真田幸綱と武田氏帰属と自立
 4 幸綱の信濃戦略
 5 上野国岩櫃城代
 6 嫡男信綱の治政

二 真田昌幸
 1 武田信玄の側近として
 2 武田家足軽大将として
 3 真田氏を継ぐ
 4 上野国沼田城代の兼務
 5 武田氏滅亡期の昌幸
 6 上田城の構築と領主化
 7 上杉氏への帰属と第一次上田合戦
 8 豊臣秀吉への臣従・大名化
 9 沼田領裁定と小田原の役
 10 関ヶ原合戦と第二次上田合戦
 11 西軍の敗北と九度山への配流

三 真田信幸
 1 信幸誕生から初陣まで
 2 第一次上田合戦から徳川氏帰属まで
 3 徳川大名として自立
 4 第二次上田合戦と上田領の併合
 5 大坂の陣と信之
 6 松代藩主として

四 真田信繁
 1 生誕から上杉家出仕まで
 2 秀吉出仕から上田帰参まで
 3 九度山での配流生活
 4 大坂入城と大坂の陣

主な参考文献一覧と略称一覧
真田氏三代略年表

ご注文へTOPEへ