中世の豊島・葛西・江戸氏
中世史研究叢書33

今野(こんの) 慶信(よしのぶ)
(新宿未来創生財団学芸員/1969年生まれ)

2021年7月刊
A5判・348頁・上製本・函入
ISBN978-4-86602-121-8 C3321
7200円 (税別)
東京都豊島区郷土資料館、江東区教育委員会、新宿歴史博物館などに勤務した著者が、その地域の中世武士団である豊島・葛西・江戸氏の実像を明らかにする。
【主要目次】
第1章 武士のおこりと武蔵国
第1節 武士の発生と武蔵国
第2節 中世社会のはじまり
第3節 治承四年源頼朝の武蔵入国の経過
第2章 武蔵国豊島郡の豊島氏
第1節 豊島氏の成立
第2節 古系図にあらわれた豊島氏
第3節 鎌倉期の豊島氏
第4節 武蔵国豊島郡の郷村と城館
 付論 近世豊島家の修史編纂
第3章 下総国葛西御厨の葛西氏
第1節 葛西清重の動向
第2節 鎌倉期の葛西氏
第3節 葛西氏と下総国一宮香取社
 付論 津軽に遷った下総葛西氏−木庭袋氏
 付論 近世葛西氏の中世伝承
第4章 武蔵国豊島郡・荏原郡の江戸氏
第1節 江戸氏の動向
第2節 江戸氏一族と千束郷
 付論 木田見氏と多東郡木田見郷
第5章 中世の東京湾岸
第1節 武蔵国荏原郡「麻布」中世の景観
第2節 関東平野の玄関口「亀戸」
第3節 中世における東京湾内湾交通と寺社造営
豊島・葛西・江戸氏略系図
索引  

ご注文へTOPEへ