奄美沖縄の霊魂観
−生と死の民俗論理−

加藤 正春(かとう まさはる)
(ノートルダム清心女子大学名誉教授/1950年生まれ)


2020年2月刊
A5判・380頁・上製本・カバー装
ISBN978-4-86602-091-4 C3039
8000円 (税別)
「本書は奄美沖縄の霊魂観の分析を通して、当該地域の出生と死にかかわる民俗論理の抽出を試みようとするものである。本書で論ずる主題は三つからなる。
 第一の主題は、死の直後と出生の直後の霊魂のもつ超自然的力に関するものである。…
 第二の主題は、赤ん坊の霊魂の囲い込みに関するものである。…
 第三の主題は、一身二霊魂観に関するものである。…」(「まえがき」より)
本書は、これまで多くの研究者により、奄美沖縄研究で培われてきた調査・研究資料(事例)にもとづき、それを整理・分類することにより、当地の霊魂観の基層にある「生と死の民俗論理」を明らかにする。
【主要目次】

第一章 「別れ遊び」儀礼と死者観念
    別れ遊びとその特質/別れ遊びの継続時間

第二章 葬送儀礼と出産儀礼にみる霊魂の憑着と力の作用
    葬儀の禁忌と力の作用/出産の禁忌と力の作用/
    家を新築した者の禁忌

第三章 沖縄の霊魂観念 ―霊魂の憑着をめぐる桜井説の可能性―

第四章 出産夜伽と霊魂観念 ―赤ん坊の生死と霊魂―
    産後の隔離と儀礼/出産夜伽と霊魂観念

第五章 出産と霊魂の囲い込み習俗 ―霊魂の来訪と宿り―
    屋根棟と霊魂/沖縄における出産と霊魂の囲い込み/
    奄美における運授けと位付けの習俗/家屋と霊魂の去来経路

第六章 死と二つの霊魂 ―一身二霊魂観念をめぐって―
    臨終と霊威力/沐浴・安置ともう一つの霊魂の離脱/
    入棺と離脱霊の復帰

第七章 一身二霊魂観念とその構造
    マブイと「ファ」/妊婦の禁忌ともう一つの霊魂/生死と二つの霊魂

索引

ご注文へTOPEへ