学校資料の未来
地域資料としての保存と活用

地方史研究協議会ちほうしけんきゅうきょうぎかい

2019年5月刊
A5判・206頁・並製本・カバー装
ISBN978-4-86602-069-3 C3021
2800円 (税別)
学校に所在するさまざまな資料(学校資料)が地域の歴史を物語る地域資料でもあるという点に着目し、学校資料を捉え直す。今後の散逸を防止する観点からも、どのような保存・活用のあり方が望ましいのか、その多様な資料を総体的に把握し、未来を展望する。
「本書のねらいと構成:学校資料を考える場合、@学校資料の存在を広く認識させるための資料認識論、A具体的な保全方法の事例の蓄積と共有、B学校資料を残すことの意義を明示するため、学校資料を使った研究や展示等を通じた資料的価値の追究、という3点について、議論を深めなければならない。そこで、本書では以下のような3章構成とすることとした。」(「刊行にあたって」より。文責:工藤航平)
【主要目次】 
 第1章 学校資料とはなにか
学校組織文書と公文書館
 ―学校アーカイブズの視点から―
嶋田 典人
学校資料と教員が向き合うこと
 ―勤務校での廃棄・保存・活用を通じて―
風間  洋
学校所蔵資料の特徴と調査の課題 多和田真理子
 
 第2章 学校資料を守り、受け継ぐ
学校資料をどう伝えるか
 ―横浜市内の活用事例から―
羽毛田智幸
地域博物館と学校資料 実松 幸男
学校資料の保存と活用 ―その現状と課題― 和崎光太郎
学校統廃合における資料保存 小山 元孝
 
 第3章 学校資料で地域の歴史を語る
明治初年小学校創立期の学校史叙述と史料
 ―東京府管下「開学願書」の再検討―
工藤 航平
学校資料の利活用とその保存
 ―地域史資料としての学校日誌―
大平  聡
学校史編纂と学校資料
 ―私立成田高等学校の事例―
深田富佐夫
台湾に残る日本統治時代の学校資料
 ―現代日本の地歴科教員が戦前台湾の国史科教員の足跡を追う―
神田 基成

ご注文へTOPEへ