古代上毛野氏の基礎的研究

関口功一( せきぐちこういち )
(群馬県立前橋工業高校教諭/1959年生まれ)


2018年9月刊
A5判・382頁・上製本・函入
ISBN978-4-86602-048-8 C3021
8400円 (税別)
著者の「古代上毛野氏」に関する研究を集大成。以下の既刊本(いずれも岩田書院刊)6冊のうち、3冊から13編を再録し、3編を追加。
@『東国の古代氏族』(2007年、品切れ)→7編再録
A『上毛野の古代農業景観』(2012年、品切れ)
B『古代上毛野の地勢と信仰』(2013年、品切れ)
C『古代上毛野をめぐる人びと』(2013年、品切れ)→3編再録
D『日本古代地域編成史序説』(2015年)
E『東国の古代地域史』(2016年)→3編再録
【主要目次】
序 章 問題点の所在と研究の現段階 @『東国の古代氏族』(その
 後の成果を反映改稿)
第1章 トヨキ・イリヒコ ○(新稿)
第2章 「倭日向武日向彦」 E『東国の古代地域史』
第3章 荒田別・鹿我(巫)別 E『東国の古代地域史』
第4章 ヒコサシマとミモロワケ @『東国の古代氏族』
第5章 白村江戦と上毛野稚子 @『東国の古代氏族』
第6章 上毛野君三千の氏族観 C『古代上毛野をめぐる人びと』
第7章 七人の配流者 @『東国の古代氏族』
第8章 上毛野馬長の地域支配 E『東国の古代地域史』
第9章 二つの氏族系譜 @『東国の古代氏族』
第10章 上毛野真人をめぐる宗教状況 ○『群馬文化』331(2017)
第11章 大僧都・行賀 C『古代上毛野をめぐる人びと』
第12章 「東国六腹朝臣」 @『東国の古代氏族』
第13章 文人官僚・上毛野穎人 @『東国の古代氏族』
第14章 上毛野滋子をめぐる人びと C『古代上毛野をめぐる人びと』
終 章 「上毛野」氏の多義性 ○『群馬歴史民俗』39(2018)


ご注文へTOPEへ