近世史研究叢書1
近世仏教と勧化
―募縁活動と地域社会の研究―


鈴木良明著
(神奈川県立歴史博物館専門学芸員)

1996年8月刊
A5判・364頁・上製本・函入
ISBN4-87294-58-3
7900円
品切れ


本書は、近世において見られた勧進・勧化・開帳といった募縁活動を通して、 近世仏教を再考したものである。これらの募縁活動が近世の地域社会に入った時の、
勧進・勧化の主体者であるところの宗教者と民衆との関係や、地域社会での位置づけ、
更には文化的影響など、さまざまな課題の中から、
1幕府寺社政策と勧化、2遠隔聖地信仰と地域社会、3地域寺社の経営と文化、
の3つを、以下の11章にわけて論究する。


【主要目次】

第1章 御免勧化と近世寺社政策―円覚寺御免勧化について―

第2章 助成勧化と助力勧化の関係

第3章 御免勧化と寺社の格合

第4章 御免勧化と村方
―近世後期武蔵国橘樹郡羽沢村の事例を通して―

第5章 高野山高室院の勧化と高座郡村方の対応

第6章 近世西宮戎信仰の地域的展開

第7章 江嶋弁財天信仰と御師―近世後期岩本院の檀家分布から―

第8章 江嶋の神仏分離と望地弁財天像

第9章 江嶋弁財天の開帳と浮世絵

第10章 鎌倉寺社の開帳と勧化

第11章 鎌倉絵図と在地出版

付録資料1 御免勧化一覧表
付録資料2 岩本院参詣者御祈祷・護摩・御札料等覚帳
付録資料3 文政元年寅年より翌卯年まで江嶋八臂弁才天出開帳壱件
索 引

*近世史研究叢書
(1)近世仏教と勧化      鈴木 良明 7900円
(2)近世の朝廷運営      久保 貴子 6900円
(3)近世の流通経済と経済思想 和泉 清司 7900円
(4)幕領陣屋と代官支配    西沢 淳男 7900円


ご注文へ