長野県の武田信玄伝説

笹本正治編
(信州大学教授)

1996年8月刊
A5判・322頁・上製本・函入
ISBN4-87294-56-7
7900円
品切れ


本書は、信濃国に伝わる武田信玄伝説を、各種の自治体史や伝説集から集めて要約し、
武田氏の信濃侵略から滅亡にいたるまでの6章に分類して収録したものである。
武田氏の伝説といえば、その根拠地である山梨県に圧倒的に多い。
しかしながら、山梨県内の武田氏伝説では、ややもすればお国自慢的なものになり、
普遍性を見いだすのに大方の同意を得られにくいかもしれない。
そこで本書は、特に隣の長野県(信濃)に限定して、
既刊の文献から武田氏伝説を採集し、網羅することを目的にした。
その内容は極めて多様であり、ほぼ全県にくまなく分布している。
これらの伝説を比較・分析することにより、武田氏に対する意識が、甲斐と信濃で、
また南信と北信とで、いかに異なっているかが浮き彫りにされるであろう。


【主要目次】

第1章 武田氏の信濃侵略
第1節 南信地方
第2節 中信地方
第3節 北信地方
第4節 武田と上杉の兵火にかかった寺社
第2章 武士たちの戦国
第3章 武田氏の城・砦・狼煙台
第4章 武田氏の信濃支配
第5章 武田氏の当主と一族
第6章 武田氏の滅亡
 
引用文献一覧


ご注文へ