宗教現象の地平
―人間・思想・文化―

楠 正弘編
(東北大学名誉教授)

1995年11月刊
A5判・474頁・上製本・函入
ISBN4-87294-38-9
11800円


東北大学宗教学研究室で、楠正弘先生から直接指導を受け、研究にとりくんできた12名の執筆者による宗教学論集。
巻頭には、編者の「動態信仰現象学序説」を掲げ、以下、編者のライフワークともいえる「理性と信仰」「庶民信仰論」を柱として、それぞれの視点からこのテーマを掘り下げる。


【主要目次】

動態信仰現象学序説 ……… 楠  正弘

1 理性と信仰の相剋
理性と信仰 ……… 諸岡道比古
―後期シェリング哲学における「哲学的宗教」をめぐって―
社会と宗教―デュルケーム宗教論の展開― ……… 山崎  亮
本質直観と哲学的思惟―インド思想の根本問題― ……… 澤井 義次
石田梅岩の足跡―前近代日本の社会教育家―
……… シティ・ダシアール・アヌワール
島地黙雷における政治と宗教―宗教・治教・国教― ……… 宮  敏子
救いの構造―一遍往生論にみる「こころ」と「ことば」― ……… 渡辺 喜勝

2 庶民信仰の諸相
庶民信仰における自己肯定・自己否定・他者否定 ……… 田中 雅一
―ヒンドゥー奉納儀礼の構造と民衆宗教画の変貌をめぐって―
トルコにおける運命観および災悪への対処行動 ……… 佐島  隆
バタックの宗教―その解体と再生― ……… 山本 春樹
伝道と教育―「ミッション・スクール宗教社会学」のための覚書― ……… 北川 直利
庶民信仰の形成―「首無地蔵」にみる地蔵顕現の意味― ……… 鈴木 岩弓
庶民信仰論の射程 ……… 池上 良正

楠正弘先生著作目録


ご注文へ