神楽大夫
―備後の神楽を伝えた人びと―

田地春江著
(日本民俗学会・民俗芸能学会会員)

1995年6月刊
B6判・210頁・並製本・カバー装
ISBN4-87294-27-3
2500円


東京の山の手に生まれ育った著者が、広島に住み、荒神さんを訪ね歩き、
その祭り方としての神楽に行き当たり、その舞い手の話を聞き歩いた。
本書は、備後(広島県東部)に伝わる神楽に魅せられた著者が、
その神楽を守り伝えた大夫さんから、
十数年にわたって聞き書きした貴重な記録である。


【主要目次】

比婆荒神神楽 北の神楽と神楽大夫
1旧奴可郡の神楽
2現行の神楽西城町の式年大神楽

北の神楽大夫の思い出話
1母が織って仕立ててくれた紋付で
2伯耆のお人は皆優しかった
3自動車にひそませた先生方の弁当
4昔は祭に出るとほんにぴーっとしよった
5親もやったわしもやった子もやるんじゃと言う強味

豊栄神楽 南の神楽と神楽大夫
1備後神楽
2現行の神楽

南の神楽大夫の思い出話
1道下太郎さんの話
2先輩たちの話
3現在の大夫たちの話
4神楽奉仕の記録から


ご注文へ