説話文学会会報
第1号〜第23号(昭和37年〜42年)

説話文学会編

1993年6月刊
B5判・320頁・上製本・函入
ISBN4-87294-03-6
5900円
 説話文学会は昭和37年に創立され本年(1993)30周年を迎えた。
 これを記念して、会報全23号を覆刻し、併せて会報の総目次をはじめ、大会・例会一覧の他、『説話文学研究』の総目次も収録して、利用の便をはかった。
 説話文学研究は現在めざましい発展を見せているが,会報には創立当初の熱気がみなぎり、また、今日の説話文学研究の問題点もすでに指摘されていることが分かる。
 毎号、8〜20頁のタイプ印刷で会員に配布されたもので、その内容は、大会・例会の発表要旨や、資料紹介・文献目録・新刊紹介をはじめ、研究ノート、問題提起など、今後の説話文学研究にとって、貴重なものとなっている。
 なお、会報第24号以降は、昭和48年に創刊された『説話文学研究』に引き継がれ、現在にいたっている。
 
 【主要目次】
代表委員 1〜13号:佐々木八郎(早稲田大学)
14〜22号:山岸 徳平(東京教育大学)
23号:臼田甚五郎(国学院大学)
創立時の委員        三谷栄一・馬淵和夫・小林智昭
大島建彦・山田俊雄・塚崎 進
西尾光一・国東文麿・藤平春男
説話文学会創立30周年記念出版 限定380部
 
付録資料1: 説話文学会会報総目次
付録資料2: 説話文学研究総目次
付録資料3: 大会一覧
付録資料4: 例会一覧
ご注文へ